顔の筋トレ たるみ

美肌サプリ人気ランキング/肌をきれいにする方法はこのブログで解決!

いつまでも美しくありたい女性のために、肌のハリやたるみを改善させる美肌サプリメントの紹介や、美容に良い食べ物など肌をきれいにする秘訣を伝授します。30代以上の女性は必見ですよ!

顔の筋トレでたるみ予防/肌をきれいにする方法

目安時間 約 7分

今回は、「顔の筋トレでたるみ予防」の方法についてご紹介していきたいと思います。

 

鏡を見ていると、ふとシワやたるみが目にとまるというかたもいらっしゃると思います。

 

今回ご紹介する肌をきれいにする方法は、顔の筋トレです。顔の筋肉を動かすことによって老化を日々の努力で遅らせることが可能です。

まずは鏡で10年後の顔チェック!

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%81%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%82%b8%e3%83%b3%e3%82%b0%e9%a1%94%e3%82%84%e4%bd%93%e3%81%ae%e7%ad%8b%e3%83%88%e3%83%ac%e3%81%a7%e3%81%9f%e3%82%8b%e3%81%bf%e4%ba%88%e9%98%b2

 

手鏡を用意してください。うつむきながらあなたの顔を鏡にうつしてみてみましょう。

 

顔が垂れ下がってしまって、かなり老けてみえませんか?

 

逆に上を向いて鏡で顔をみると、若いころのあなたにみえませんか?

 

顔の老化と聞くと、肌の表面が老化するだけのように思う方も多いかもしれませんが、顔には表情筋があるので、これらが加齢で衰えていくことによって、重力に負けてたるんでしまった顔の筋肉や脂肪が、顔のむきに合わせて動いてしまいこのようなことがおこります。

顔の筋肉はどのくらいあるの?

顔は小さい部分ではありますが、顔には実は筋肉は20種類以上もあるのです。

みなさんが食べ物を食べるときに使う「咀嚼筋」や笑ったり怒ったり悲しんだりするときに使う「表情筋」が代表的なものです。

 

しかし、実際に普段の生活で使う筋肉は人によっても違いますが、たったの20%から30%くらい。表情に乏しい人であればそれ以下のこともあります。

 

ですから、運動不足に陥っている顔の筋肉を動かしてトレーニングしてあげることによって筋力がアップし、表情筋などの弾力を取戻し、新陳代謝も高まりアンチエイジングできるというわけです。

顔の筋トレ!顔のたるみ予防トレーニング

それではさっそく顔と体のトレーニング方法について紹介します。今回紹介するトレーニングは短時間でできますし、本当はすべての部位をトレーニングすることが理想ですが、途中で飽きてしまって投げ出してしまっては効果がないので、最低でも自分が気になっている部分を集中的にケアしていきましょう!

 

画像がないので、わかりにくいかもしれませんが、ご容赦下さい。そんなに難しくはないので、イメージできると思います。←たぶん・・。

【目のトレーニング】

「なんだか近頃まぶたが垂れてきているような気がする」「二重瞼だったのにかぶさって奥二重になってしまった」などという方はおられませんか。

これも目の周りの筋力の衰えが原因です。

人は目を見て話すかたが多いので、目元で顔全体の印象が決まってしまうといっても過言ではありません。

今回の目のトレーニングでは、「眼輪筋」や「上眼瞼部」を鍛えることができます。

 

  1. 下まぶたは固定したまま、上まぶただけをゆっくりと下げていきましょう。上まぶたが下まぶたにくっつく少し前の薄目の状態で5秒キープしましょう。
  2. 続いてこの薄目の状態のまま、眉毛をゆっくりと真上に上げていきます。上まぶたの筋肉をぐっと上に上げるイメージでおこないましょう。そのまま5秒キープします。
  3. ゆっくりと元に戻します。1~3を一日3セットおこないましょう。

【口のトレーニング】

口回りの筋肉は頬やあごの筋肉と連動しています。このあたりの筋肉が衰えるとたるみやシワ、唇のくすみなどにもつながってしまいます。「口輪筋」をしっかり鍛えてシャープな口元にととのえていきましょう。

 

  1. 正面を向き、口の幅は変えずに、口を縦方向に大きく5秒ほどかけてゆっくりと開いていきましょう。
  2. 口を開いた状態のまま、唇にぐっと力を入れます。5秒ほどかけて前に突き出していきます。口輪筋が緊張しているのを意識しながらおこなってください。
  3. 今度は逆に、唇を内側に巻き込んでいきましょう。5秒間キープします。
  4. 元に戻します。
  5. 1~4を繰り返します。一日3~5回ほどおこないましょう。

【頬のトレーニング】

頬には「頬筋」と呼ばれる筋肉があります。この筋肉は、あごの接合部から口の両端あたりに伸びている筋肉です。このあたりは脂肪が多い部分ですので、加齢によるたるみも目立ちやすい部分です。

この部分の気になる脂肪を落とすと同時に、ハリのある顔を作っていきましょう。

 

1.まず唇を閉じます。頬の空気を吸い込み頬をへこませていきながら、同時に唇は前に突き出す感じで5秒ほどかけながらゆっくりと動かしていきましょう。

2.歯と頬が密着したらそのまま5秒ほどキープします。

3.唇をキュっとすぼめたまま、次は逆に空気を頬にためてふくらましてみましょう。パンパンになった状態で5秒ほどキープします。

4.ゆっくりと元に戻します。1~3を一日3~5回繰り返しましょう。

【あごのトレーニング】

横顔はあまり頻繁にチェックしないかもしれませんが、横顔を見るとあごのたるみがよくわかります。

今回は、頬骨付近からエラ付近にある「咬筋」という、ものを噛むときに使う筋肉をトレーニングします。

咬筋は柔らかいものを食べていると発達しません。

この筋肉を鍛え、フェイスラインを整えていきましょう。

 

  1. 前を向いて、奥歯を軽くかみ合わせます。
  2. 5秒ほどかけながらゆっくりと奥歯をかみしめていきましょう。手をエラに当ててみると、咬筋が盛り上がっているのがわかります。5秒キープします。
  3. ゆっくりと元に戻します。
  4. 1~3を一日3~5回繰り返しましょう。

【首のトレーニング】

顔をいくら綺麗にしていても、歳が首に出てしまうともいわれていますので注意が必要な部分ですね。今回は、首の前面にある「広頸筋」を鍛えましょう。

 

  1. 前を向き、5秒ほどかけて顔を上に向けていきましょう。天井と顔が並行になるまで上を向きましょう。
  2. この状態で下唇を上に突き出し5秒キープしましょう。
  3. 続いて上唇を上に突き出し5秒キープし元に戻しましょう。
  4. 1~3を一日3セットおこないます。

 

 

20代~30代の女性向け美肌サプリランキングはこちら

40代~50代の女性向け美肌サプリランキングはこちら

美肌サプリレビュー
美肌サプリメントレビュー記事一覧はこちら

 

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL   
甘酸っぱくて美味しいイチオシ美肌サプリ♪
インナーリフティア コラーゲン&プラセンタ
プロフィール
女医"/
美肌サプリアドバイザー:MI
プロフィール
人気ブログランキング
人気の投稿とページ
最近の投稿
カテゴリー